薬学部ランキングであなたの夢を叶える学校が見つかる!

比較データも潜入レポートも薬学部ランキングにおまかせ!ぴったりの学校を選んで、充実の学生生活を送ろう!

星薬科大学の評判の評判

星製薬株式会社の教育部門として開学された、星薬科大学。
東急池上線戸越銀座駅下車徒歩8分と、その環境の良さも相まって、昔から人気が絶えない薬科大学です。
6年制の薬学科と4年制の創薬科学科で構成されています。
星薬科大学の評判や口コミを見てみましょう。

※下記の口コミは大学に関してネガティブな情報も記載しています。あくまで参考程度にとどめ、進学先の決定に際しては、実際にご自身で情報収集をされてください。

  • 就職に困らない学校です。

    星薬科大学に進路を決めたのは、就職に困らないという評判が高かったからです。
    現在就職活動中ですが、評判通りに内定が決まっていく友人が続々。
    私もすでにいくつかの企業から内定をいただいています。

    編集部のコメント

    星薬科大学の就職状況は、例年好調と評判です。
    就職先は様々で、花王、富士フィルム、日本ジェネリック、筑波大学付属病院、横浜市立大学付属病院、綜合臨床サイエンスなど、製薬、医療、衛生行政と、幅広い分野で専門的な人材を世に送り出しています。
    偏差値が同レベルの薬科大学と、就職の面で星薬科大学に決めた、という受験生も多いようです。

  • 絶対にここ、と決めていました!

    薬剤師を目指していますが、高校入学当初から名門のイメージがある星薬科大学を第一志望にすることを決めていました。ここに入れば間違いない、と思ったのと、薬科大学の中でも1、2を争うほどの人気だと聞き、俄然やる気がでました!
    いろいろと調べてみても、星薬科大学は伝統ある大学で、そのせいあってか就職状況や薬剤師合格率などがいいと評判も高いですよね。

    編集部のコメント

    星薬科大学の創業者である星一は、寝る間も惜しんで製薬の研究に没頭し、「イヒチオール」という湿布薬を開発。そして明治44年に星製薬株式会社を創立し、社内に星薬科大学の前身である教育部を設置するに至りました。
    薬科大学の名門と名高いのは、このような長い歴史があるからなのですね。
    2009年度薬剤師合格率は、なんと全国2位の96.97%。
    朝日新聞出版発行の「大学ランキング2012」の「オープンキャンパス参加者倍率」では、全国750校のうち全国17位に選ばれ、その人気のほども伺えます。

  • キャンパスから感じるその伝統

    希望する薬科大学がいくつかあり、第一志望を決めかねているときに、星薬科大学のオープンキャンパスに足を運び、ここだ!と思い第一志望に決めました。
    歴史を感じる本館や、ゴージャスなメインホールなど、これが都会の大学か〜と感動したことを覚えています(笑)
    最寄駅周辺や、電車に乗ればすぐ山手線に出れるという便利さも気に入ってます。
    サークルの先輩もみんな明るくてきさくだし、講義内容だけじゃなく、貴重な人間関係が作れるのも星薬科大学のいいところだと思います。

    編集部のコメント

    星薬科大学の評判や口コミでチェックしておきたいポイントは、その伝統あるキャンパスとアクセス面。
    キャンパスには、コロンビア大学のローホールを模して大正13年に完成したシンボル的建物である本館や、ステンドグラスが目を引くメインホールなど、星薬科大学ならではの趣ある建物がチラホラ。
    創立100周年を記念して2010年に完成した3階建ての「百年記念館」もあります。
    アクセス面では東急池上線、都営地下鉄浅草線の戸越銀座駅から徒歩8分。
    JR五反田駅には、電車で3分という好アクセスです。

  • 入試の傾向に癖がある?

    1浪し、薬科大学の名門を狙っていました。
    今年、他の薬科大学はすべて合格しました!
    が、星薬科大学だけは今年もダメ…。
    入試の内容は、びっくりするほど簡単でした
    なのになんで不合格なのか…。いまいち納得いかないです。

    編集部のコメント

    星薬科大学と、北里大学などの薬科系名門大学を併願する人は多いようです。
    しかしそんな方々に多いのが、北里は合格だったけど、星薬はダメ…か、星薬は合格だったけど、北里はダメ…というどちらかのケース。
    理由は、試験内容のレベルにあり、星薬科大学の入試内容のレベルは低めに設定されているようです。
    簡単が故に差がつきにくく、少しのミスが命とりになってしまうのです。
    星薬科大学の入試のポイントは、ケアレスミスを徹底的に防ぐこと、そして赤本で入試の傾向を徹底的につかみましょう。

  • 勉強が大変すぎて、くじけそう…

    星薬科大薬学科の2年です。
    うきうきしながら始めた大学生活でしたが、勉強の大変さにバイトをする暇がまったくありません。
    両親との約束で、大学ではバイトをしながら生活費くらいは稼ぐ、という約束をしたのに、そんな暇もなくまだまだ両親に迷惑をかけてしまっています。
    大抵の学校は、1年次だけは辛いというので、なんとか1年次を乗り越えて!と思っていましたが、2年になっても同じ…。
    星薬科大学を選んだ頃の私、甘すぎました…。遊びやバイトも充実…なんて、星薬では実現できません!

    編集部のコメント

    薬科大学の辛いところは、大学生にありがちな遊びもバイトも楽しみたい、という生活が送れないことですよね。
    中には例外の大学もありますが、星薬科大学は特に1、2年次の勉強がハードだということで評判です。
    その点では、遊びやバイトも充実させたい、という人には少々きつく、なかなか難しいかもしれませんね。
    しかしその分勉強はみっちりとできますよ
    将来ご両親に恩返しできるよう、今を乗り切ってしっかり勉強しましょう!