薬学部ランキングであなたの夢を叶える学校が見つかる!

比較データも潜入レポートも薬学部ランキングにおまかせ!ぴったりの学校を選んで、充実の学生生活を送ろう!

日本薬科大学の評判

さいたまキャンパスとお茶の水キャンパスを持つ日本薬科大学。
平成16年に大学を開設し、2011年には薬学部に医療ビジネス薬科学科が、薬学科に「健康薬学」「漢方薬学」「医療薬学」の3コースが、設置されました。
まだまだ新設校ですが、評判、口コミはいかがでしょうか?

※下記の口コミは大学に関してネガティブな情報も記載しています。あくまで参考程度にとどめ、進学先の決定に際しては、実際にご自身で情報収集をされてください。

  • 興味が広がる学科内容!

    3年前、日本薬科大学に入学しました。
    入学当初は1学部1学科のみでしたが、医療ビジネス薬科学科が設立され、さらに興味が広がりました。
    日本薬科大学は、転学部・転学科が認められているので、いい意味でいろいろと悩まされます。
    長い歴史を持つ薬科大学とはまた違った新鮮さを感じる大学です。
    これからの発展に期待できる学校だと思います!

    編集部のコメント

    日本薬科大学は平成16年に設立された、まだまだ新しい大学です。
    そのため、常に発展を続け、2011年には薬学科と医療ビジネス薬科学科の2学科体制に変更されました。
    新設された医療ビジネス薬科学科では、幅広い薬の知識と、ビジネスマインドを両面から育て、医療関連の企業や産業を支える人材を育成するという目的があります。
    転学部・転学科、編入学が認められています。
    これからもさらに、社会のニーズに合わせた学科やコースが設置されそうですね。

  • 学食がお気に入り!

    薬学科の生徒です。
    薬学科のあるさいたまキャンパスは、とっても広くて自然いっぱいで、居心地がいいですよ〜
    一番のお気に入りが、学食です!
    メニューも豊富で、食堂自体がかなり広く、向かい合って4人で座れるという席なのでレストランのような雰囲気すらあるんです。
    学食の評判がいいようで、日本薬科大学以外の人もわざわざ食べにくるみたいです。
    以前は朝カレーを販売するという期間もあって、メニュー選ぶのが楽しい!

    編集部のコメント

    大学に通う学生にとって、講義内容や校風も大切ですが、どうしても見てしまうポイントが、学食ではないでしょうか。
    日本薬科大学の学食の特徴は、フロアが2階、3階と広く、向かい合わせの席でレストランのようなつくりになっているということ。
    メニューは250円〜450円程度とお手ごろです。
    食堂で食べられない多忙な学生向けに、お弁当のメニューもたくさんあります。
    毎日ランチが待ち遠しくなりそうですね。
    学食が充実していると、講義にも気合が入ります!

  • コースを細かく選べるのがいい!

    薬学科のコースの中で、私は医療薬学を選択しました。
    以前は細かくコース分けがされていなく、入学前には漠然とした不安を抱えていたので、今のようにコースを分けてくれてよかったと思います。
    深い知識を確実に修得できると思います!これからが楽しみ。

    編集部のコメント

    以前は薬学部1学科のみで構成されていましたが、2011年4月から薬学科の中に「健康薬学コース」「漢方薬学コース」「医療薬学コース」の3コースが新たに設置されました。
    予防、未病、医療を総合的にとらえる総合医療を目指しています。
    2年次、3年次からではなく、このように1年次から細かくコース分けされているのは珍しく、入学当初からより専門的な知識を学べそうですね。

  • 大学の周りに何もない!

    さいたまキャンパスに通っています。
    オープンキャンパスに行くことなく決めてしまって、今ものすごく後悔しています。
    大学の周りには何もなく、ほとんど森です。
    最寄りの志久駅には徒歩でいけますが、駅前にも何もありません。夜も怖いし。
    もっと華やかな大学ライフを思い描いていたのに…
    埼玉だから多少は栄えているだろう、と思っていた私が甘かった!

    編集部のコメント

    大学は、広い敷地が必要なため、ビルで埋め尽くされた都心よりも、自然の多い郊外に建設されることが多いです。
    日本薬科大学のさいたまキャンパスは埼玉県足立郡にあり、最寄りの志久駅で下車すればすぐに大きな大学の建物が目に飛び込んできます。
    徒歩で行けるので通いやすいのですが、徒歩で行けるだけあって周りは緑と乗馬クラブとゴルフ場のみ。
    立地を気にする方は、絶対に見学かオープンキャンパスに行った方がいいでしょう。

  • 留年しないように、しっかり頑張らないと!

    今はどこの大学でも留年が多いみたいですね。
    自分もそうならないように勉強を頑張って早く薬剤師試験に合格するようになりたいです!

    編集部のコメント

    薬学部は、もともと留年者は目立つほどに多いわけではありませんでしたが、6年制導入後、どの大学も留年率は上がっています。
    人の命にかかわる仕事ですから、きちんと成果を残せていない人に、卒業させて国家資格を受ける資格を与える…というのはできないことです。
    日本薬科大学は、入試の難易度が高くないため、どちらかというと入学してから苦労する大学だと思います。
    入学したら安心!ではなく、その後6年間も気を抜かず、他の大学で薬剤師になるべく学んでいる数多い学生たちもライバルなんだと感じながら、勉強に励みましょう。
    でしょう。