薬学部ランキングであなたの夢を叶える学校が見つかる!

比較データも潜入レポートも薬学部ランキングにおまかせ!ぴったりの学校を選んで、充実の学生生活を送ろう!

 

昭和薬科大学の評判の評判

東京都町田市にキャンパスを構える昭和薬科大学。
昭和5年に昭和女子薬学専門学校を設立し、昭和24年に大学となり、翌年、昭和薬科大学へと名称を変更しました
幅広い分野で活躍できる専門家を養成している、昭和薬科大学の評判や口コミを見てみましょう。

 
 

※下記の口コミは大学に関してネガティブな情報も記載しています。あくまで参考程度にとどめ、進学先の決定に際しては、実際にご自身で情報収集をされてください。

  •  

    大規模な植物園に圧巻!

    昭和薬科大学には、とっても大きな植物園があるんです。
    町田市といっても緑豊かな環境で、その中にある植物園ですからそれはもう圧巻です。
    その植物園で、実際に植物を栽培して行う研究がとてもおもしろいですよ。
    私は毎日こで癒されてます〜^v^♪
    その反面キャンパスには最新設備も設置されていたりと、今まで経験したことのないような空間に、毎日心躍らされています。
    勉強もはかどるし、癒されるし、都心にもわりと近いし、とてもいい環境だと思います。

     

    編集部のコメント

    昭和薬科大学にある植物園は、薬科系の大学の中でも屈指の規模を誇ります。
    民間薬区、林地区、木本区、水生区、湿生区、草本区と、植物の種類で広く分かれていて、研究や調査が行われています。
    緑が豊かというだけでなく、最新の研究施設も完備されていて、森と未来都市が共存しているといった印象。
    毎週土曜日には一般公開されており、時々行われている薬草教室も興味深いですね。

  •  

    アットホームな校風が特徴

    昭和薬科大学に入学したての頃は緊張しすぎてガチガチでした。
    引っ込み思案な私は小・中・高となかなか自己主張ができず…。
    ましてや全国から人が集まる大学で、うまくやっていけるのかなぁ…と不安でいっぱいだったのですが、昭和薬科大学のアットホームな雰囲気に、すぐに打ち解けることができました。
    教授との距離も近く、イメージしていた大学とは全然違うんです!
    きっと昔からこういった校風だったんでしょうね。ここを選んで本当に良かった!

     

    編集部のコメント

    元々昭和薬科大学は、昭和5年に、女学生徒たちが自ら設立した昭和女子薬学専門学校を前身としています。
    創立者がいない学校として、学生や教員たちが一致団結して築き上げてきた大学なので、自由でアットホームな校風がいまだ受け継がれています。
    また、医療の現場で必要な人材を育成するため、コミュニケーション能力を身につけるためのカリキュラムも設けられています。
    少人数の発表会や討論会を頻繁に行っていることで、学生同士の距離もぐっと縮まっているのかもしれませんね。

     
  •  

    充実した実習が受けられる

    昭和薬科大学は、実習がとても充実していますよ。
    病院研修は緊張しますが、先生方は忙しい中、私たち生徒にも優しく指導してくださって、現場に出れば出るほど薬剤師になる夢が膨らみます。

     

    編集部のコメント

    昭和薬科大学に多い評判として、「実践を大切にしている」ことでしょう。
    実践を大切にしたくてもできない薬科大学もあるものの、昭和薬科大学の実習が充実しているのは、神奈川県に4つの関連病院を持つ聖マリアンナ医科大学と提携しているからです。
    聖マリアンナ医科大学には、昭和薬科大学の生徒専用の講義室や教室、ロッカールームまで用意されています。
    1年次前期は病院見学から始まり、後期には解剖見学実習を行います。
    提携医科大学があるからこそ、即戦力がつくんですね。

     
  •  

    学校までの道のりは覚悟しておいた方が!

    オープンキャンパスに行ったときの感想は、「遠い…」でした。
    最寄り駅が小田急線の玉川学園前なんですが、パンフレットには徒歩15分と書いてありました。
    そこそこ遠いな〜と思っていたのですが、歩いてみるとさらに遠い!
    坂が多く緑ばかりなので、体感距離は徒歩30分くらい。
    バスも通ってはいるものの、節約のため、今も頑張って歩いています。
    おかげで体力もついたかな…。
    歩いて通うなら、覚悟しておいたほうがいいですよ。

     

    編集部のコメント

    昭和薬科大学は、緑が多く大変いい環境なのですが、一方で、アクセスが不便といった方も一部いらっしゃるようです。
    アクセスは、小田急線新宿駅から快速急行で「新百合ヶ丘駅」で各駅停車に乗り換え、「玉川学園前」で下車。
    そこからはゆるやかで長い坂道が続いていますが、徒歩15分の道のりを歩いて通っている学生も多いようです。
    確かに、体力もつきそうですよね。
    大規模な植物園を持つ昭和薬科大学ですから、仕方のないことかもしれませんね。

     
  •  

    結構有名でビックリした!

    企業に入ると、昭和薬科大学の名前を皆さん結構知っていて、有名だったんだなぁとビックリしました。

     

    編集部のコメント

    薬科大学のつらいところは、薬学や医療専門の人にしかあまり名前を知られていない、というところでしょうか。
    ネームバリューを気にするあまり、少しレベルを落として総合大学に決めるという学生も少なくはないようです。
    よく混同されているのが、昭和大学薬学部と昭和薬科大学ですね。
    名前も似ているし偏差値も同等なのですが、別法人の運営となります。
    薬学を専門に学んでいることを誇りに、薬剤師の資格を目標に思えば、風評はそれほど気にならないはず!