薬学部ランキングであなたの夢を叶える学校が見つかる!

比較データも潜入レポートも薬学部ランキングにおまかせ!ぴったりの学校を選んで、充実の学生生活を送ろう!

高崎健康福祉大学の評判

群馬県高崎市にキャンパスを構える高崎健康福祉大学。
2012年には、短期大学部児童福祉学科が大学へ移行し、児童教育に関わる学科を新たに開設する予定です。
福祉と健康に貢献するための人材を育成する高崎健康福祉大学薬学部の、評判や口コミはどうなのでしょうか?

※下記の口コミは大学に関してネガティブな情報も記載しています。あくまで参考程度にとどめ、進学先の決定に際しては、実際にご自身で情報収集をされてください。

  • 少人数制で、難しい授業もしっかり受講できる

    高崎健康福祉大学は全体的にも人数が少ないのですが、薬学部も1学年90人と、他の大学よりも少なめです。
    その少人数を活かした授業体制が、とてもありがたく、教員一人が5人ほどについてくれ、しっかりと学習のアドバイスもしてくれるのです。
    こういった体制をとっている大学は少ないのではないでしょうか。
    おかげでいろんなことをアドバイスしてもらい、難しい勉強にもついていけています。

    編集部のコメント

    高崎健康福祉大学は、私立大学でも唯一の1学年90人という少人数制を導入しています。
    さらに、生徒4〜5名に対し教員一人がつくというアドバイザー制で、生徒一人一人の学習指導や大学生活指導を行ってくれます。
    教授と生徒の距離が近く、しっかりと向き合うことで、その学生の個性を伸ばしてくれると、高い評判を得ています。

  • 新しいタイプの薬剤師を目指して

    最近では、薬剤師国家資格を持っている有名大学の学生でも、なかなか希望の職種に就けないという噂を聞きます。
    ただ有名な大学ではなく、これから薬剤師になるために必要なことを教えてくれる大学を選ぼうと思い、オープンキャンパスに行って決めたのが、高崎健康福祉大学薬学部です。
    私にとっては、これからの薬剤師に必要なことを教えてくれるような魅力を感じました。
    新しいタイプの薬剤師を目指して、がんばります!

    編集部のコメント

    高崎健康福祉大学の強みは、これからの時代に必要とされる薬剤師を育成していることです。 6年制になってから、薬剤師国家試験がぐっと難しくなりましたが、その試験をパスするだけの知識だけではなく、チーム医療に貢献できるタイプの薬剤師育成を目指しています。
    とりわけ、医師や専門職メンバーとのチームワークは重要。チーム医療ができる薬剤師ほど重宝されるのです。
    高崎健康福祉大学薬学部の評判の良さは、そのコミュニケーション能力や即戦力を養うことに力を入れていることでしょう。

  • ガラス張りの校舎が評判良いですよ!

    高崎健康福祉大学の校舎はガラス張りで、晴れている日はとても気持ちがいいです!校舎の雰囲気がすごく評判いいですよ!
    校内にカフェがあったりと、のんびりできるところも多いです。

    編集部のコメント

    高崎健康福祉大学は平成13年に大学が開設された大学で、新校舎ならではの新機能が備えられた建物が並んでいます。
    中でも、ガラス張りが特徴的な楕円形をした2号館は、学生たちの憩いの場所。
    2号館には、蔵書数約11万冊を誇る図書館や、喫茶ホール、学生ホールがあります。
    他にも、3階にフィットネスルームがある体育館など、高崎健康福祉大学ならではの設備が満載です。

  • 高い薬剤師合格率!

    高崎健康福祉大学薬学部の偏差値って、毎年40台ですよね?
    なのに、かなり高い薬剤師試験の合格率を誇っているということですごいなと思います。
    やはりカリキュラムがいいんでしょうね〜。

    編集部のコメント

    6年制に移行されてから、高崎健康福祉大学薬学部卒業生はまだ薬剤師国家試験を受けていないため、23年度の合格率は公表されていないようです。
    しかし平成19年度、薬剤師合格率全国平均75.58%のところ、高崎健康福祉大学は合格率86%をたたき出しています。
    たしかに入試の難易度は低めですが、薬剤師資格のためのサポートはしっかりと行われているので、偏差値が低いからといってあきらめず、自分に合った薬科大学を選びましょう。

  • 知名度が低いことが不安

    友達に、「高崎健康福祉大学ってどこ?」って言われました…群馬の人なのに! 知名度が低いことは就職の際に不利な気がするんですが…。6年間猛勉強してせっかく資格をとれたとしても、そのあとの進路に不安がいっぱいです。

    編集部のコメント

    高崎健康福祉大学は、群馬にあり、さらに健康や福祉専門の大学なので、知らない人も多いかもしれません。
    また、知名度が低いというのは、平成13年に開設されたばかりなので、仕方のないことかも。
    付属高校などもあるので、これから徐々に知名度も上がってくるのでは?
    知名度が低いというのは単科や医療系大学薬学部に在籍する学生に多い悩みですが、薬剤師国家資格を取得すれば、立派な薬剤師。学校名はそれほど気にされませんよ。
    知名度に関してはそれほど神経質にならなくても大丈夫だと思います
    企業の面接では大学の知名度より、確かなスキルと豊かな人間性を重視するところの方が多いです。ですから正しい知識としっかりしたスキル、薬学を学ぶ誇り、そして命をいたわる優しく気高い心を6年間で大事に磨いてくださいね。