薬学部ランキングであなたの夢を叶える学校が見つかる!

比較データも潜入レポートも薬学部ランキングにおまかせ!ぴったりの学校を選んで、充実の学生生活を送ろう!

薬科部受験なんでもQ&A

実習はどんなことをするの?(イメージ)
実習はどんなことをするの?

薬学部のカリキュラムには、様々な内容が盛り込まれています。
どんな授業があるのか期待は膨らみますが、中でもより深く薬学の面白さを知ることができる実習は、最大の楽しみのひとつ。
薬学部では、どんな実習が行われているのかを覗いてみましょう。

テーマ1
4年制から6年制へ、長期実習の意味
薬剤師国家資格のため、4年制から6年制に必修化されましたが、この年数の変更には実習の必要性が大きな意味を含んでいます。
4年制だった時代の実務実習は、大学によって必修のところもあれば、選択制のところもありました。また実習期間も、たった2週間で完了する大学から、1ヶ月みっちり学ぶ大学まで、各大学で大きく違いました。
そこに文部科学省による見直しが入り、実務実習を長期化・必修化して、新たに6年制となって生まれ変わりました。これまでの薬学部教育では、薬剤師は単に調剤が出来ればいい、というスタンスだったのですが、服薬指導や、病院と薬局両方での実習、卒業後の薬剤師研修など、より社会に役立つ知識と経験を持つ即戦力となる学習が出来るようになったのです。
また、これだけ充実した実務実習できっちりと力をつけるために、必修の実習期間は6ヶ月と設定されました。6ヶ月もの実務実習では、校内での事前実習を1ヶ月、そこから病院と薬局での実習をあわせて5か月の合計6ヶ月です。
たくさんの経験を積み、知識を身に着けた上で薬剤師として就職できるため、即戦力人材として各企業からの期待も大きく、今後ますます6年制出身の薬剤師ニーズは高まっていくことでしょう。
テーマ2
実習はどんな授業?
まず、実務実習を行うために、4年次の終わりに実務に適した能力が養われているかを「CBT」や「OSCE」という共用試験で確認されます。こちらの試験に合格しなければ現場に出ることができないのですが、例えば横浜薬科大学では、「CBT」や「OSCE」に合格するための手厚いサポートがあると評判です。
それに合格すると、現場に出ることを許され、文科省が定めた「実務実習モデル・コアカリキュラム」に沿った実習が行われます。
詳しい実習内容としては、処方せんの記載に従って正しく医療品の取扱いを行うこと、錠剤・カプセルなどの計数調剤を行うこと、異なる商品名で同一有効成分を含む薬品を列挙することなど、実際に現場の薬剤師が行っていることを、指導者の指示に従い行っていきます。
この目標到達点は薬学部の必修カリキュラムとして決定されていることなので、各大学の全薬学部、必ず同様の実習を行っていることになります。
テーマ3
各校の実習の特色
「実務実習モデル・コアカリキュラム」以外にも、各学校では独自の実習を行っています。
例えば日本大学薬学部では、学生全員が薬学部に入学した早い段階で、「早期体験実習」というものを行います。
これは、春から夏にかけて病院・薬局・施設の合計3箇所すべてを見学するというもの。
見学した内容について少人数グループでディスカッションし、発表会を行うことで、多くの学生が早くから医療現場の雰囲気をしっかりと把握することができるのです。
また、明治薬科大学では、実習専門の実習棟を設け、講義で学んだことをすぐに実践できるような体制をとっています。総合教育研究棟フロネシスの3階には広々としたモデル薬局を設置し、調合室や病棟服薬指導室などをそのまま再現し、実習を行っています。
昭和大学や北里大学では、自前の病院施設(大学病院)を持つ強みを生かし、実務実習やチーム医療を教育の中で浸透させる事に力を入れています。
また、オープンキャンパスでも実習を体験することができます。例えば、横浜薬科大学での体験実習ではアンプル溶閉、軟膏作製、漢方薬体験、オリジナル入浴剤作製などワクワクする多種多様な実習が用意されています。
オープンキャンパスで実際に体験してみるのは、具体的な授業のイメージがしやすいため大変おすすめです。